骨格タイプに合わせたリメイク

5年以上前に買った moussy のニット。

ニットは温暖なケアンズでは着る機会はあまりありません。

しかも骨格診断を学んだ後の私には もうこのニット着ることはないのです。

なんとなく似合わないなって思っていたけれど

理由がわかった今、腑に落ちたとともに着太りするだけなのです。

ストレートタイプの私には矢印部分の ゆとりのある袖、

半端な袖丈、テンションのある裾部分の幅広リブは敵!

しかもパフスリーブ!


でも、この身幅とローゲージで透け感のない素材感、深い襟ぐりはとってもストレート向き!

ブラックのノースリーブニットをずっと探している私。

うん!このニットを作り直そう!!


と、いうことで、まず、袖を外します。

次に私がすっきり見える裾丈を試着しながら探ります。

ジャーン!

すっきり。


このパンツに合わせるトップスを探していたのです!


柄モノのコーデのコツは 柄の中の色を合わせることです。

このパンツの水色やピンクを使うともっと華やかな印象になるのですが

私はサマーのカラーは血色が引きすぎて寂しげな印象になってしまうので

私の2ndシーズンのウィンターのカラー、黒と白を合わせました。


このコーデを完成させるために白の大振りのピアスを探します!

白のバングルがあったら、もっと良いかも!


このように、自分の骨格タイプやカラータイプを知っていると 欲しいもの、

いらないものが明確になっていきます。


処分する前に、自分の骨格タイプにリメイクするのもオススメです!


オーストラリア・ケアンズより inside and out 福嶋かおりでした。

パーソナルカラー診断の詳細はこちら

骨格診断の詳細はこちら

メイクレッスンの詳細はこちら

お申し込み・お問い合わせはこちら

メニュー・料金はこちら

inside and out

生まれ持った肌の色 骨格を知り 『似合う服』を導き出す 外見も内面も輝き出す 魔法のルール

0コメント

  • 1000 / 1000