ウィンタータイプの特徴と似合う色

ウィンタータイプは肌のタイプは様々ですが、コントラストの強い瞳の持ち主で

クールでシャープなイメージの方が多い様です。

ブルーベース、明るい色から暗い色(低明度〜高明度)、鮮やかな色と鮮やかではない色(高彩度・低彩度)、濁りのない色

がお似合いになります。

色選びのポイントは

白→純白の「ピュアホワイト」

ベージュ→グレーの入った明るい「グレイッシュベージュ」

ブラウン→黒に近い赤みのある「ネービーブラウン」

グレー→濃い「チャコールグレー」

ネイビー→濃く深い「インディゴ」

ピンク→青みの強い「ショッキングピンク」

赤→青みのある深く落ち着いた「ブルーレッド」

黄→鮮やかな「レモンイエロー」

緑→青みのある深い「パイングリーン」

青→クールで鮮やかな「ロイヤルブルー」

紫→鮮やかな「フューシャ」や淡い「アイシーバイオレット」


カラーコディネートのポイントは

ウィンターの持つシャープでクールなイメージを活かしましょう。

モノトーンとビビットな色を使ったコントラストのある配色や

鮮やかな色の小物使いなどでアクセントをつけることです。







ウィンタータイプのNGカラーは、黄みのある、中間色、明るい色。

そういった色を身につけると

顔色が悪くなったり、ぼけた印象になったり、顔色がくすみます。

『でも、好きな色を着たい!』

『あの流行色を着たい!』

その場合は顔周りを避けボトムに取り入れたり、分量を少なくして取り入れてください。

また、骨格診断の似合う素材感やデザインなどでNGカラーを工夫して取り入れることで

「抜け感」や「こなれ感」などの外しテクニックで

より一層魅力的なコーデになる場合もあります!

パーソナルカラー診断の詳細はこちら

骨格診断の詳細はこちら

メイクレッスンの詳細はこちら

お申し込み・お問い合わせはこちら

メニュー・料金はこちら

inside and out

生まれ持った肌の色 骨格を知り 『似合う服』を導き出す 外見も内面も輝き出す 魔法のルール

0コメント

  • 1000 / 1000